脱毛・除毛・抑毛?

今は知らない言葉が増えていますね

脱毛や除毛という言葉はよく耳にしますが、抑毛という言葉はご存じでしょうか?

 

私が高校生の頃に、この抑毛というのが少々流行りました。

 

今だからこそ脱毛サロンの価格が安くなり、そのお蔭で高校生のお小遣いでも施術可能となっています。

 

 

未成年なので親の承諾こそ必要ですが、娘が日々苦労して脱毛している姿を見ると、母親としては「辛い思いをする位なら綺麗にしてもらった方が良いわね」という思いにかられます。

 

 

美容整形などで施術となるとちょっと怖い気もします。一方でエステサロンなら敷居も低いし低価格です。いざとなったら親もついて行けば安心ですから、自分のお小遣いで脱毛できる範囲で契約しなさいとしっかり言いつけ、娘の脱毛を応援する母親は増えているのです。

 

 

とても良い時代になったな〜と、かなり羨ましく思います。私の時代は、今の数倍の価格でしか脱毛が出来ませんでした。勿論高校生のお小遣い程度では脱毛出来ず、悩める女子高生達は皆自己処理をしていました。主にカミソリでの自己処理ですから、それはもう肌が汚かったです。

 

 

 

カミソリで出来た傷、肌荒れ、毛穴の開き・・友達なんかは、足にもファンデを塗って学校へ行っていましたから。そんな時に話題となったのが抑毛ローションの存在です。ムダ毛の再生するパワーを弱くする力があり、継続して使っていけばムダ毛が薄くなと話題になりました。

 

 

 

私も抑毛ローションが気になり、友達と近所のドラッグストアに買いに走りました。当時はパイナップルローションというものが売っていて、どうやらパイナップルエキスは毛のタンパク質を分解する働きがあるらしいです。

 

 

価格もお手頃だった為に定期的に購入し、せっせと脚や腕に塗り込んでいました。

 

 

最近ではイソフラボンなどの、女性ホルモンと似た働きをする成分が配合されている抑毛ローションが主流みたいです。専用のコーナーを覗くと、豆乳の名前が入った抑毛ローションが多く売られています。

 

 

 

高校生の頃せっせと抑毛ローションを塗り込んでいましたが、そういえば効果の程はどうだったのでしょう・・今となってはあまり覚えていませんね。結局脱毛サロンで脱毛して、もうムダ毛系のグッズは必要なくなりましたから。それにしても未だに抑毛ローションが売っているという事は、案外効き目がある人もいるのでしょう。

 

 

今度旦那の為に1本買ってみようかな?あの濃〜いヒゲが薄くなっていくのなら、買って損はない商品かもしれません。